MENU

 出会い系アプリは先輩からその存在を教えてもらったのです。
それは、昼間の過ごし方を聞いた時の事でしたが、思わぬ情報に気持ちもチンコの方も興味津々となってしまったのです。
現在淡路の岩屋で生活をしていますが、地元の高校を卒業してからは漁師の仕事をするようになりました。
親もこの仕事をやっていたから、自然と同じ仕事を選んでしまったんです。
進学するほど頭も良くなかったし、専門学校に通うほどやりたいというものも見つけられませんでした。
だから自然と海で仕事をする、こんな気持ちを持っていたんだと思います。
仕事自体は大変だけれども、馴染みのものでしたから次第に慣れていく事もできました。
暗いうちから海に出ていき、沖で漁をして帰ってきて、それでも昼間には仕事が終わってしまいます。
仕事が終わればなにもやる事がなく、自分の住んでいるところは田舎ですから遊びに行くなんて事もできないので、自宅でゴロゴロする日々が続いていたんです。
何となくこの昼間の時間がもったいないな、そう思うようになっていました。
彼女でもいればまた話は別なのですが、現在完全フリー状態。
セックスしたいなっていう気持ちもあったし、日々オナニーに励むって感じです。
 他の漁師は昼間なにをやっているのか?って感じがしました。
それで年齢が近い漁師の先輩に話を聞いてみたんです。
これを船の上で聞いた時は、おいおいマジかよって思ってしまいました。
この先輩、いかにも非モテな顔立ちしているんだけれど、漁が終わった後はセックスを楽しんでいると言うのです。

地元の岩屋付近や、近場の町の東浦や洲本で3人の女の子と知り合って、自宅に連れ込んではパコパコという関係を満喫中だそうなのです。
その出会いの方法というものが、出会い系アプリを利用することだと言うのですから驚きました。
こんな田舎町でセフレが見つかるのは、昼間は暇なんだから俺も相手探ししたいって考えて、出会い系アプリを使ってみようかと思いました。
先輩にもセフレが作れるんだから、この近隣に住んでいるエッチな女の子を見つけてセックス楽しんでるという気持ちになったのです。
そうすれば昼間の時間を有意義に使えるし、欲求不満も解消できるようになります。

 

 漁が終わってしまえば、あとはなにもやる事がなく昼間ぐうたらしているだけでした。
この退屈な時間を何とか改善したい、だから先輩が使っている出会い系アプリで近場にいるエッチな女の子を探して見たいと本気で思ったんです。
彼女もいないしセックスもしていない、だからチンコの方だって欲求不満状態だったし、セフレだったら気ままなセックスができるって気持ちになりました。
田舎でもセックスの相手を見つけられると思い、アプリを使った出会い探しを始めてみることにしました。

 

 

名前:中元 浩司
性別:男性
年齢:20歳
プロフィール:
 淡路で生活をしているんだけど、地元の高校を卒業してからは漁師の仕事を始めました。
イカナゴ寮をしているのですが、暗いうちに出かけて仕事は昼間には上がってしまうので、それから暇になってしまいます。
昼間なにもやる事がなく家でゴロゴロしている状態で、他の人たちはなにをやっているのか?と思って先輩に聞いてみたのですが、何とセックスをしていると言うのです。
しかも彼女ではなくセフレを作って自宅でパコパコらしいのです。
これには気持ちも股間も反応してしまいました。